ランキング第3位の人気美少女ゲーム"ワガママハイスペック"をLinuxで遊んでみた | お手軽に楽しむBSDへの道〜FreeBSDとLinuxの話題〜  

Translate

このブログを検索

2016年5月3日火曜日

ランキング第3位の人気美少女ゲーム"ワガママハイスペック"をLinuxで遊んでみた


わたし自身はまったくゲームをしないのですが、興味本位で、LinuxディストリビューションのKubuntu 16.04を使ってWindowsの美少女ゲームができるかどうか試してみました。
前回は、エミュレーターのWine 1.5.2を使用して「ワガママハイスペック 体験版」を動かそうとしましたが、グラフィックまわりが正常に動作せず失敗。
今回は、オラクル VirtualBoxを使って「ワガママハイスペック 体験版」を遊んでみました。


Windows用美少女ゲーム「ワガママハイスペック」とは。
『ワガママハイスペック』(WAGAMAMA HIGH SPEC) は、2016年4月28日にアダルトゲームブランドのまどそふとより発売された成人向け美少女ゲーム。

ストーリー
都心からやや離れた町・新城市にある元お嬢様学校・桜翠学園(おうすいがくえん)に通う少年・鳴海幸樹。彼は学生生活を送る傍ら、周囲には秘密で漫画家としても活動していた。ある日、幸樹は学園の生徒会長・鹿苑寺かおるこが、自分の漫画の作画担当者であることを知る。生徒会の男子役員を探していたかおるこはそのことをきっかけに生徒会に加入することを幸樹に提案する。しかし、副会長の桜木・R・アーシェは幸樹の入会に強く反対した。話し合いの結果、一か月の試用期間を設けるということで幸樹は生徒会に入ることになった。

対応OS: 日本語版 Windows Vista/7/8/10
引用: Wikipedia

2016年5月3日現在の「DMM 週間美少女ゲームランキング」では、3位にランクインされてます。
かなり人気ある美処女ゲームのもよう。


「ワガママハイスペック」で遊んでみた。
そんな「ワガママハイスペック」の体験版を仮想化ソフトのVirtualBoxを使って動かしてみます。
パソコン環境は、ホストOSがLinuxディストリビューションのKubuntu 16.04、ゲストOSがWindows 10です。

じつは、ゲームじゃないけれど、これまでWindows用のアプリケーションを使いたいときはゲストOSのWindows 10を使って作業していたので、Windowsゲームの「ワガママハイスペック 体験版」も正常に動作することは予想していました。-とはいえ、何事も実験が大切ということで…。


VirtualBoxを使ってゲームをスタート。難なく「ワガママハイスペック 体験版」が起動しました。
画像は、ゲームが起動したときに表示されるタイトル画面です。


下の画像は、ゲーム中の画面。当然といえば当然ですが、ゲームは問題なく動いています。
Wineで動作しなかったアニメーションも、VirtualBoxでは正常に動作しています。

画像は、鳴海 兎亜(なるみ とあ)(左)と宮瀬 未尋(みやせ みひろ)(右)のツーショット。萌え萌えな女の子が二人!
鳴海 兎亜(なるみ とあ)と宮瀬 未尋(みやせ みひろ)のツーショット画像。萌え萌えです.


宮瀬 未尋(みやせ みひろ)といい雰囲気になってるし(笑)
宮瀬未尋と主人公がいい雰囲気になりました。ワガママスペックのゲーム画面から。


右下のウインドウは、オラクル VM Virtualboxマネージャーです。
Windowsゲーム"ワガママスペック"をLinuxで遊んでみました.Wineは動作に問題ありでしたが、VirtualBoxでは正常に動作します.


VirtualBox使用中。
ホストOSはKubuntu 16.04 KDE 5.6、ゲストOSはWindows 10です。
VirtualBoxにWindows 10をインストール.ホストOSはLinux Kubuntu 16.04です.


今回の確認結果。
当たり前の結果ですが、Linuxでも、ゲストOSのWindowsを使えばWindowsゲームが遊べます。
ただ、胸を張って「LinuxでWindowsゲームをしてる」って言えないけど……。(汗)
とにかく、Linuxを使用していてどうしてもWindowsアプリが使いたいときは、VirtualBoxやVMware Playeなどの仮想化ソフトを使ったほうがいいです。





パソコン環境です。
ハードウェア
パソコン: NEC Lavie Hybrid Zero HZ550/AAB
CPU: 第5世代 インテル Core i5-5200U プロセッサー
メインメモリ: 4GB(LPDDR3 SDRAM/オンボード 4GB)
ディスプレイ: 13.3型ワイド IGZO液晶ノングレア WQHD(2560 × 1440)

ソフトウェア
OS: Kubuntu 16.04 KDE 5.6。64ビット
仮想化ソフト: オラクル VM  Virtualbox 5
ゲームタイトル: ワガママハイスペック。日本語版 Windows Vista/7/8/10対応
「ワガママハイスペック」の購入、体験版のダウンロードはリンク先からできます。

ダウンロード: http://www.dmm.co.jp/mono/pcgame/-/detail/=/cid=1819mado0003/
ブランド: http://madosoft.net/




「ワガママハイスペック」をWineで動かしてみた。
下のリンク先の記事は、エミュレーターソフトのWineを使って、「ワガママハイスペック」を動作させたときの記事です。ご参考にどうぞ。
Linux Kubuntu 16.04でWindowsゲーム。Hentai gameで確認